賃貸住宅への支援をお願いしたいです

人間が人間らしく生活するためには人は家に住まなければなりません。家に住んでいるからこそ、日々の社会生活を送ることができるのです。家に住むといっても2パターンあります。借家を借りて住むのと持ち家に住むパターンがあります。ですが世の中に圧倒的に多いのは借家に住んでいる人です。持ち家に住んでいる人は親から家を譲ってもらったり自分でローンなりを組んで家を購入した人です。それ以外の人は借家に住んでいます。借家というのはいわゆる賃貸ですから、毎月家賃を払わなければなりません。ですがこの家賃を負担に感じている人は多いのではないでしょうか。家賃といえば安くても数万円します。ですから所得が少ない人にとっては、ひと月の生活費に占める家賃の割合が大きくなってしまいます。家賃というのは食費や光熱費のように節約することができません。例えば家賃5万円の賃貸住宅に住んでいたら、毎月5万円支払うしかありません。間違っても割り引いてもらうということはできません。人間が人間らしく生活するためには家は必要ですが、賃貸住宅の家賃によって毎月の生活が苦しくなってしまうことがあります。ですから所得が少ない世帯には賃貸住宅の家賃を免除もしくは軽減して欲しいのです。そうすれば家賃の負担から解放されて、毎月楽に生活できるようになります。病気や小さなお子さんがいるなどしてどうしても所得が増やせない家庭もたくさんあります。そのような家庭は所得を増やして毎月の家賃の割合を小さくすることができません。所得も増やせない家賃を節約できないともなると、どうにもならなくなってしまいます。賃貸住宅に好きで住んでいる人はいいのですが、所得が少ないために仕方なく住んでいる人達にとっては毎月の家賃が重くのしかかります。家賃の負担が軽減されるだけでも、大分楽になるのではないでしょうか。人が安心して生活するためには家が必要です。人間らしく生きるためにどうしても必要な賃貸住宅の負担は軽くして欲しいものです。

Copyright ©All rights reserved.マンションの日当たりの良さを見る時のポイント.